DWWW Theaterでは、トップページで取り上げた映像のアーカイヴをご紹介しております。
細野晴臣、コシミハル、デイジーワールド関連の映像のほか、
YOUTUBEで発見した気になる映像を一緒に楽しみましょう!

2011-09-12

Parabuccal Speech by Ross Barbour/Four Freshmen

 「チップマンクス」に代表されるテープレコーダーの録音・再生速度を操作して音響効果に利用した“ムシ声”レコードを集めている中で、解けない謎がひとつありました。50〜60年代に活躍したボーカルグループ「The Four Freshmen」のレコードにムシ声を使った曲があるのです、それもライブ盤で。
 これって生演奏でどうやって歌っているんだろう? ヘリウムガス? それともレス・ポールが発明したレスポールヴァライザーのような装置を使用しているのか? それともあらかじめ録音しておいたテープを使ったステージなのか? う〜ん、どれも違うような気がするなぁ…と、頭のどこかにずっと引っかかっていました。
 先日SONOTAに入荷したフォークウェイズの「Speech After the Removal of the Larynx」という医療系研究レコードでその謎がやっと解けました。そこには一般的だという食道発声から、Alvino Reyも使っていた SONOVOX に似ているWestern Electric社の機器を使用した発声など、声帯以外での様々な発声方法が紹介されていて、かなり痛々しくもあるのですが興味深い内容でした。その中で紹介されている“頬の空気と舌などで発声する”Parabuccal Speechという方法が、The Four Freshmenのそれだったのです。
 うぉ〜!っと感動した勢いで検索してみたら、そんな彼らの愉快なステージ映像が見つかりました! しかも1964年の日本公演というのだから驚きです。これを観た日本の芸人さんの中には、猛特訓した方もいるんじゃないかな、なんて妄想したり。解説書によると習得が非常に難しく、現在ではほとんど使われない発声方法らしいのですが、噂によると日本にもこの技を継承する人物がいるとかいないとか。その辺りはまたラジオ「デイジーホリデー」の方で。
 ドナルド・ダックの声優クラレンス・ナッシュ氏も同じ発声法のようです。

posted by admin at 01:37 | music