DWWW Theaterでは、トップページで取り上げた映像のアーカイヴをご紹介しております。
細野晴臣、コシミハル、デイジーワールド関連の映像のほか、
YOUTUBEで発見した気になる映像を一緒に楽しみましょう!

2011-09-12

Parabuccal Speech by Ross Barbour/Four Freshmen

 「チップマンクス」に代表されるテープレコーダーの録音・再生速度を操作して音響効果に利用した“ムシ声”レコードを集めている中で、解けない謎がひとつありました。50〜60年代に活躍したボーカルグループ「The Four Freshmen」のレコードにムシ声を使った曲があるのです、それもライブ盤で。
 これって生演奏でどうやって歌っているんだろう? ヘリウムガス? それともレス・ポールが発明したレスポールヴァライザーのような装置を使用しているのか? それともあらかじめ録音しておいたテープを使ったステージなのか? う〜ん、どれも違うような気がするなぁ…と、頭のどこかにずっと引っかかっていました。
 先日SONOTAに入荷したフォークウェイズの「Speech After the Removal of the Larynx」という医療系研究レコードでその謎がやっと解けました。そこには一般的だという食道発声から、Alvino Reyも使っていた SONOVOX に似ているWestern Electric社の機器を使用した発声など、声帯以外での様々な発声方法が紹介されていて、かなり痛々しくもあるのですが興味深い内容でした。その中で紹介されている“頬の空気と舌などで発声する”Parabuccal Speechという方法が、The Four Freshmenのそれだったのです。
 うぉ〜!っと感動した勢いで検索してみたら、そんな彼らの愉快なステージ映像が見つかりました! しかも1964年の日本公演というのだから驚きです。これを観た日本の芸人さんの中には、猛特訓した方もいるんじゃないかな、なんて妄想したり。解説書によると習得が非常に難しく、現在ではほとんど使われない発声方法らしいのですが、噂によると日本にもこの技を継承する人物がいるとかいないとか。その辺りはまたラジオ「デイジーホリデー」の方で。
 ドナルド・ダックの声優クラレンス・ナッシュ氏も同じ発声法のようです。

posted by admin at 01:37 | music

2010-06-30

星野源 / ドキュメンタリー『ばかのうた』

『ばかのうた』の制作現場を、じっくりと追いかけたドキュメンタリーです。
全4回。

メンバー:
星野 源 Vocal & Guitar 
伊藤大地 Drums 
伊賀航 Bass 
野村卓史 Piano & Organ

監督:山岸聖太
 
続きを読む
posted by admin at 18:28 | daisyworld

2010-06-12

星野源 / くせのうた

星野源のビデオクリップが出来ました!
曲はすでに名曲と呼び声も高い「くせのうた」がフルで聴けます!
すこ〜しシュールで、後でじんわり。ココロにしみる「くせのうた」なんです。
ほっとして元気になる、星野ワールドへようこそ!
 
映像を観る
posted by admin at 00:18 | daisyworld

2009-07-13

Blue Diamonds / Ramona

ドロレス・デル・リオ主演のアメリカ映画『ラモナ』(エドウィン・カリュー監督/1928)の主題歌。この演奏は細野さんが当時聞いていたというインドネシアからオランダに移住した兄弟、Rudy&Reim de Wolffによる「ブルー・ダイアモンズ」バージョン。1960年にドイツでNo.1ヒットを記録した。

映像を観る
posted by admin at 14:38 | music

2009-06-15

Luiz Bonfá / Sambolero

映画『ブラインドネス』(フェルナンド・メイレレス監督/2008)の劇中歌。
突然目が見えなくなるという伝染病のために強制隔離施設に収容された人々。極限下に置かれた人間の心理をシリアスに描いていく中、「こんなときは音楽を聴くに限る」とラジオをつける印象的なシーンで流れて来るのがこのルイス・ボンファのサンボレロ。
4月のSpringfield大阪場所や5月のCAYでも細野グループによって演奏されました。

映像を観る
posted by admin at 09:36 | music